7日の欧州外国為替市場でドル円は底堅い。20時時点では109.94円と17時時点(109.90円)と比べて4銭程度のドル高水準だった。米長期金利の上昇を手掛かりにした買いが入ったほか、対資源国通貨などでドル買いが進んだ影響もあり、一時110.00円まで上昇。その後も高値圏で底堅く推移した。 ユーロドルは一進一退。20時時点…