18日の欧州外国為替市場でドル円は下げ渋り。20時時点では114.17円と17時時点(114.02円)と比べて15銭程度のドル高水準だった。時間外の米10年債利回りが上昇に転じたことやNY原油先物が下げ幅を縮小したことなどを支えに、再び114.20円台まで反発。ただし、依然として114.20円や114.25円の本日NYカットオプションに絡ん…