19日の欧州外国為替市場でドル円は買い戻し。20時時点では104.12円と17時時点(103.83円)と比べて29銭程度のドル高水準だった。ダウ先物が下げ幅を拡大し、全般リスク回避のドル買いが優勢となった。ドル円は昨日の高値を上回り、104.22円まで上昇したが、米長期金利の低下が重しとなり、買いは続かなかった。 ユーロド…