16日の欧州主要株式指数は続落となった。新型コロナの変異株流行で回復の遅れへの懸念に、投資家心理が悪化。英国の高級ブランド、バーバリーは決算を受け、5%安。通信のエリクソンは中国での売り上げ鈍化が嫌気され8%超下落した。一方、スウェーデンのクラウド通信プラットフォーム会社のシンチは強い決算が好感され、1…