14日の欧州主要株式指数は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)高官が3月の利上げ開始の可能性を示唆し、金利先高観が重しとなった。前日大きく下げた英国の不動産開発のカントリーサイド・プロパティーズは値ごろ感の買いに8%高。ドイツのソフトウェアメーカーのSAPは第4四半期の28%増益を発表し上昇した。石油会社のブ…