14日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長証言を控えて、様子見気配が強まった。スウェーデンの通信会社テレ2は第2四半期決算の内容が予想を上回ったほか、見通し引き上げが好感され上昇。ドイツのブランド、ヒューゴボスは本年の収益30−35%増益見通しを発表し、2.1%高とな…