4日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。長期金利の上昇を警戒し上値が抑制された。ドイツの航空会社ルフトハンザは過去最大の赤字を計上、パンデミックの影響が年内いっぱい続き需要の低迷を警告し3%近く下落。プロジーベンザツト1メディアは2021年の1桁成長予想が失望感に繋がり7.3%安で引けた。一方で、ベルギー…