14日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。ワクチンの普及や米国のバイデン次期大統領による追加経済対策の発表を控えた期待感に下値が支えられた。ただ、政局不安が重しとなりイタリア指数は唯一下落。オランダの半導体、ASMインターナショナルはバークレイズによる目標株価引き上げで7.6%高。フランスのスーパーマー…