13日の欧州主要株式指数はまちまちとなった。企業の好決算が下支えとなった。ドイツのソフトウェアメーカーのSAPやフランスの高級ブランド、モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)は第3四半期決算で強い売上高を示したほか見通し引き上げが好感され、それぞれ上昇。英国の投資会社マングループは第3四半期決算の内容が予想…