欧州中央銀行(ECB)は1月13日公表した経済報告で、商品価格の上昇や、新型コロナウイルスのオミクロン株の出現、中央銀行による早急な金融引き締め政策などが今年の世界経済の成長を圧迫する可能性があるとの見解を示した。