4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、8月米非農業部門雇用者数は前月比+137.1万人だったが、失業率が8.4%へ低下していたこと、平均時給が前月比+0.4%、前年比+4.7%だったことで106.51円まで堅調に推移した。しかし、ダウ平均が620ドル超下落したことでリスク回避の円買いとなり106.18円付近まで反落した。ユーロ…