13日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、9月米消費者物価指数(CPI)が前月比+0.4%、前年比+5.4%と予想を上回ったことで113.80円まで上昇後、米長期金利の低下を受けて113.23円まで反落した。ユーロドルは米10年債利回りが1.52%台まで低下したことを受けて、1.1597ドルまで堅調推移。ユーロ円は131.47円まで堅調に…