28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米連邦準備理事会(FRB)が重視する4月米個人消費支出(PCE)コアデフレーターが前年同月比3.1%上昇だったことで110.20円まで上昇した。ユーロドルは1.2133ドルまで下落後、1.2205ドルまで反発した。ユーロ円は133.61円まで下落後、134.00円まで反発した。 本日の東京外国為…