14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、パウエルFRB議長が議会証言で金融引き締めに慎重な姿勢を示し、米10年債利回りは一時1.34%台まで低下したことから109.94円まで下落した。ユーロドルは1.1839ドルまで上昇した。ユーロ円は130.02円まで下落した。 本日の東京外国為替市場のドル円は、パウエルFRB議長のハト派…