9日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)理事会での追加緩和期待が後退したことで、1.1753ドルから1.1834ドルまで上昇した。ユーロ円も125.64円まで上昇した。ドル円は、米国株や日経平均先物の上昇を背景に、投資家のリスク回避姿勢が後退し106.27円まで上昇した。 本日の東京外国為替市場の…