海外市場でドル円は、欧米株価の下落を背景に、対欧州・オセアニア通貨中心にドル買いが進むと、円に対してもドル買いが先行し一時110.39円付近まで値を上げた。しかし、米長期金利が低下幅を拡大すると、一時110.17円付近まで下押しした。 ユーロドルは、一時1.1802ドルまで下落したが、米長期金利の低下に伴うユーロ買…