1日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、8月米ISM製造業景気指数が56.0と予想の54.6を上回り、1年9カ月ぶりの高水準を記録したことで106.15円まで上昇した。ユーロドルは、米連邦準備理事会(FRB)のゼロ金利政策長期化観測から1.2011ドルまで続伸した。ユーロ円は127.08円まで上昇した後、126.14円まで反落した。 本…