5日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、タカ派的な12月FOMC議事要旨を受けて116円前半で底堅く推移した。ユーロドルは1.1346ドルから1.1302ドルまで上値を切り下げた。ユーロ円は131.60円まで堅調に推移した。 本日の東京外国為替市場のドル円は、12月14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨での早期利上…