29日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、1-3月期米国内総生産(GDP)速報値が前期比年率+6.4%と発表され、米10年債利回りが1.6860%前後まで上昇したことから、109.22円まで上昇した。もっともその後はやや伸び悩んだ。ユーロドルは1.2102ドルまで軟調推移。ユーロ円は132.37円まで上昇後、131.81円前後まで反落する…