4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、7月ADP全米雇用報告での非農業部門雇用者数が33.0万人増だったことで108.72円まで下落後、7月米ISM非製造業指数が64.1と統計開始以来の最高値だったことで109.67円まで反発した。ユーロドルは1.1900ドルまで上昇後、1.1833ドルまで反落した。ユーロ円は129.14円から129.82円ま…