4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、5月非農業部門雇用者数が前月比55.9万人増となり、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を急ぐ数字ではなかったことから、米10年債利回りの1.55%台への低下に連れて109.37円まで下落した。ユーロドルは1.2185ドルまで上昇した。ユーロ円は133.14円まで軟調に推移した。 …