8日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、新規失業保険申請件数の2週連続増加を受けて米10年債利回りが1.61%台へ低下したことから109.00円まで続落した。ユーロドルは1.1927ドルまで続伸した。ユーロ円は129.57円まで下落後、ユーロドルの上昇につれて130円台前半まで反発した。 本日の東京外国為替市場のドル円は、米…