27日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米中対立の激化懸念や28-29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融緩和長期化への思惑から105.12円まで続落した。ユーロドルは、欧州時間発表の7月独Ifo企業景況感指数が予想を上回ったこと、欧州復興基金の合意が引き続き好感されていること、米国の新型コロナウイルスの…