22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、前週分の米新規失業保険申請件数が41.9万件と予想の35.0万件より弱い内容となり、米10年債利回りが低下に転じたことで一時110.01円まで軟調に推移した。ユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)理事会で、先行きの政策指針である「フォワードガイダンス」を変更し、景気を支えるた…