7日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容だったこと、ダウ平均が一時550ドル超上昇し、米10年債利回りが一時1.5764%まで上昇したことなどで、111.65円まで上昇した。 本日の東京外国為替市場のドル円は、今夜発表される米9月雇用統計の改善見通しから、底堅い展開…