19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、ダウ平均の下落や米10年債利回りの低下を受けて113.59円まで下落した。ユーロドルは、欧州での新型コロナウイルス感染再拡大による経済活動の抑制で、欧州景気の回復が遅れるとの懸念が強まり1.1250ドルまで下落した。ユーロ円も127.98円まで下落した。 本日の東京外国為替市…