3日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米10年債利回りが0.66%台まで上昇したことで106.55円まで上昇後、ダウ平均が1025ドル下落し、米10年債利回りが0.6023%前後まで低下したことで106.00円まで反落した。ユーロドルは、欧州市場の安値1.1789ドルから1.1865ドルまで反発した。 本日の東京外国為替市場のドル円は…