28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、パウエルFRB議長の発言「テーパリングについて議論する時期ではない」を受けて、欧州市場序盤の高値109.08円から108.57円まで反落した。ユーロドルは1.2135ドルまで続伸した。ユーロ円は131.82円まで続伸した。 本日の東京外国為替市場のドル円は、ゴールデンウィークに向け…