24日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米10月個人消費支出(PCE)価格指数が前年比+5.0%まで上昇し、米長期金利が上昇したことで、115.52円まで続伸した。ユーロドルは、欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大による行動制限の強化で経済回復が鈍化することへの警戒感が広がり、1.1186ドルまで下落した。 本日…