11日の東京外国為替市場でドル円は小動き。8時時点では115.21円とニューヨーク市場の終値(115.20円)と比べて1銭程度のドル高水準だった。前日終値付近での小動きとなっており、連休明けの本邦勢の本格参入待ちの様相だ。 なお、朝方には北朝鮮から弾道ミサイルの可能性がある飛翔体が発射されたとの報道が伝わったが、…