14日の東京外国為替市場でドル円は小動き。8時時点では106.11円とニューヨーク市場の終値(106.16円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。手掛かり材料に乏しいなか、106.10円台を中心とする狭いレンジ内での推移が中心となった。本日は東京時間の午後に自民党の総裁選が控えているが相場への反応は限られると予想されて…