3日の東京外国為替市場でドル円は小高い。8時時点では106.20円とニューヨーク市場の終値(106.18円)と比べて2銭程度のドル高水準だった。本邦勢の本格参入を前に106円台前半でこう着している。なお、昨日NY時間安値の106.11円が目先のサポートとして意識される一方で、上サイドは106.30-40円に断続的な売りが観測されて…