12日の東京外国為替市場でドル円は伸び悩み。8時時点では105.64円とニューヨーク市場の終値(105.62円)と比べて2銭程度のドル高水準だった。早朝取引では一時105.85円まで上昇する場面もあったが、前週末からのドル売りの流れを引き継いで次第にドル売りが優勢となり、105.63円まで上値を切り下げた。時間外のダウ先物が…