6日午後の東京外国為替市場でユーロドルは軟調。17時時点では1.1556ドルと15時時点(1.1582ドル)と比べて0.0026ドル程度のユーロ安水準だった。米国を発端とした世界的な長期金利の上昇、エネルギー価格の高騰など株式相場にネガティブ要因が目立つなか、欧米株価指数が売り優勢となったことでリスクオフのドル高が進行…