5日午後の東京外国為替市場でユーロドルは弱含み。17時時点では1.1994ドルと15時時点(1.2012ドル)と比べて0.0018ドル程度のユーロ安水準だった。欧州勢参入後にユーロポンドが下落したことにつれて売りが強まった。昨日安値の1.1999ドルを下抜けて4月19日以来の安値となる1.1986ドルまで下落。時間外の米10年債利回りが…