30日午後の東京外国為替市場でドル円は買い戻し。17時時点では104.03円と15時時点(103.85円)と比べて18銭程度のドル高水準だった。午前につけた安値の103.83円手前で下値の堅さを確認すると、欧州勢の本格参入後は買い戻しが優勢となった。17時過ぎには一時104.15円付近まで上昇し、本日高値の104.16円に迫る場面も見ら…