7日午後の東京外国為替市場でドル円は弱含み。17時時点で106.19円と15時時点(106.29円)と比べて10銭程度のドル安水準だった。欧州勢の本格参入後に対ユーロやポンドでのドル買いが一服すると、アジア時間に上値の重さを確認していたこともあり、やや売りに押された。一時106.15円まで弱含んだ。 ユーロドルは売りが一…