4日午後の東京外国為替市場でドル円は底堅い。17時時点では109.40円と15時時点(109.30円)と比べて10銭程度のドル高水準だった。時間外の米10年債利回りが上昇して始まるなか、連休明けのロンドン勢がドル買いで参入。一時109.49円まで値を上げた。もっとも、110.00円にかけては断続的に売りが観測されており、それらを…