9日午後の東京外国為替市場でドル円は堅調。17時時点では109.50円と15時時点(109.38円)と比べて12銭程度のドル高水準だった。欧州入り後はオセアニア通貨などに対してドルが買われたことや、米10年債が1.66%まで上昇したことでドル円は109.56円まで上値を広げた。その後、オセアニア通貨と欧州通貨に対してのドル買い…