27日午後の東京外国為替市場でドル円は上値が重い。17時時点では105.57円と15時時点(105.63円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。3月中旬以来の水準まで下がったのにもかかわらず、東京時間でのドル円買い戻しが浅かったことで欧州勢は売りから参入し、上値が重く一時105.38円まで下がり日通し安値を更新した。しかし…