11日午後の東京外国為替市場でドル円はじり高。17時時点では112.79円と15時時点(112.73円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。欧州勢の参入後も円売りの流れが継続。一時112.84円と2018年12月以来の高値を更新した。なお、時間外のダウ先物は弱含みで推移したが、相場への影響は限られた。 ユーロドルは上値が重い。1…