18日午後の東京外国為替市場でドル円は一段安。17時時点で103.88円と15時時点(104.00円)と比べて12銭程度のドル安水準だった。東京都の新型コロナウイルス感染者数が過去最多を記録したことも手がかりに104円を割り込んだドル円は軟調な動きが継続。米長期金利の低下も重しに、103.85円まで下値を広げた。 ユーロドル…