19日午後の東京外国為替市場でドル円は戻りが鈍い。15時時点では103.77円と12時時点(103.78円)と比べて1銭程度のドル安水準だった。一部報道で「東京都の新型コロナウイルス新規感染者が500人超の過去最多となる見込み」と伝わると、日経平均株価の下落とともに一時103.72円まで弱含んだ。その後は日経平均の下げが続か…