17日午後の東京外国為替市場でドル円は弱含み。15時時点では105.86円と12時時点(105.96円)と比べて10銭程度のドル安水準だった。米長期金利の低下は一服したものの、午前に上値の重さを確認したこともあり、105.84円まで売りに押された。 ユーロドルはもみ合い。15時時点では1.2093ドルと12時時点(1.2094ドル)と比べ…