10日午後の東京外国為替市場でドル円は底堅い。15時時点では109.90円と12時時点(109.77円)と比べて13銭程度のドル高水準だった。時間外のダウ先物が140ドル超上昇し、午後の日経平均株価も堅調地合いを保つなか、リスクオンの円売りの流れが継続。一時109.92円まで本日高値を更新した。もっとも、昨日欧州序盤から回復…