9日午後の東京外国為替市場でドル円は動意薄。15時時点では105.94円と12時時点(105.94円)とほぼ同水準だった。午前には本邦実需勢のフローが観測されたが、午後に入るとほとんど動かなくなり、105.90円台での小動きに終始。午後の値幅は8銭程度にとどまった。 ユーロドルは小動き。15時時点では1.1779ドルと12時時点(1…