13日午後の東京外国為替市場でドル円は下げ渋り。15時時点では103.68円と12時時点(103.59円)と比べて9銭程度のドル高水準だった。時間外の米10年債利回りが低下幅を縮めたことを受け、ドル売りの流れも一服。103.60円台まで下値を切り上げた。 ユーロドルは伸び悩み。15時時点では1.2209ドルと12時時点(1.2213ドル)…