5日午後の東京外国為替市場でドル円はもみ合い。15時時点では116.00円と12時時点(115.99円)と比べて1銭程度のドル高水準だった。WTI原油先物価格の下落を受けてカナダドル円などが下げるとつれる形で一時115.90円と本日安値を付けた。一巡後は押し目買いが入り116.10円付近まで持ち直す場面も見られたが、時間外のダウ…