5日の東京外国為替市場でドル円は売りが一服。12時時点では110.57円とニューヨーク市場の終値(110.69円)と比べて12銭程度のドル安水準だった。前週末高値の110.75円付近で上値の重さを確認すると110.54円まで売りに押された。もっとも、時間外の米10年債利回りが上昇に転じたこともあり、その後は安値圏ながら下げ止ま…