31日の東京外国為替市場でドル円は下げ渋り。12時時点では105.51円とニューヨーク市場の終値(105.37円)と比べて14銭程度のドル高水準だった。月末のリバランスに絡んだドル売りが観測されて105.30円まで下落するものの、先週末安値の105.20円が目先のサポートとして意識されると、105円台半ばまで下値を切り上げた。 …